自然葬の1つである樹木葬の特徴

自然葬の1つである樹木葬は木や花などの樹木を墓石の代わりする埋葬方法で、自然と共にゆっくり眠りたいという人に支持されてきています。

また社会背景として核家族や独身者の増加があり従来の墓の意識が低下したことや、後継者をつないでいくのが難しいということもあります。
樹木葬などの自然葬は基本的に永代供養なので後継者がいなくても大丈夫です。
また墓を購入する際はまとまった金額が必要ですが、自然葬はこの費用を安く抑えることができるので経済的負担が少なくすみます。



樹木葬の相場は30万円から70万円と一般の墓と比較するとかなり格安です。埋葬方法は様々で初めから遺骨を埋葬する場合や一定期間骨壺で納めた後に合祀する場合もあります。



粉骨を海などに撒く散骨とは違い行政の許可をとった霊園や墓地に遺骨を埋葬することになります。

基本的には宗教や宗派を問わないことが多く管理団体が清掃や合同法要などを行う形になります。


樹木葬ができる場所としては里山型と公園型に分けられます。

里山型は自然をいかしたタイプで自然の中でゆっくり眠ることができ、里山へ植樹することから自然環境の維持保全にもなり社会貢献にもつながっています。

東京の自然葬といえばこちらがオススメです。

しかし自然と一体化することで墓標自体が分かりにくかったり、墓参りや掃除がしにくいという場合もあります。
公園型は霊園内に個別区画を設けているタイプと1つの木の下に合同で埋葬するタイプがあります。

中には庭園風に作り上げて樹木葬を行っているガーデンタイプのものもあります。